Choice of Kanazawa

Outside of Kanazawa

カナザワ映画祭2023で行った海外作品一般募集企画「Choice of Kanazawa」
初の試みにも関わらず集まった80作品。
その中から選んだ優秀なラインナップを今回、「カナザワの外」でも上映する!

開催地・日程

2024年2月3日~9日

タイムスケジュール

名古屋シネマスコーレ
初日2月3日(土)~9日(金)まで
連日19:55スタート
※2月4日(日)のみ20:15スタート
2/3 (土) 19:55~キック・ミー
2/4 (日) 20:15~アーリマン
2/5 (月) 19:55~蝉時雨
2/6 (火) 19:55~ザ・ボーイズ
2/7 (水) 19:55~コール・オブ・ジ・アンシーン
2/8 (木) 19:55~短編集(身体今昔鴉リプライズ
2/9 (金) 19:55~アデュー、ゴダール

料金

名古屋シネマスコーレ
当日券のみ
一般1700円、学生1300円、
シニアと会員1200円
※チケット料金の一部を能登復興支援に
募金させていただきます。
©Meconium Pictures/Cinemago

キック・ミー 怒りのカンザス
Kick Me

アメリカ 2023年|86分| 監督:ゲイリー・ハギンズ

監督ゲイリー・ハギンズが自らの故郷カンザス州カンザスシティ(通称:KCK)を舞台に、10年の歳月と狂気をブチ込んだ長編デビュー作。元麻薬Gメンのサンティアゴ・バスケスを主演に、KCKの驚愕の実話の数々をモチーフに描かれる、誰もがドン引き間違いなしの悪夢の《ご当地映画》! カナザワ映画祭2023「Choice of Kanazawa」長編部門グランプリ受賞作品。

9/9(土) 10:00

ゲイリー・ハギンズ

ゲイリー・ハギンズ 
Gary Huggins
アメリカ、カンザスシティを拠点としている。
短編作品がサンダンス、アウトフェスト、SXSW、クレルモンフェランで上映された。本作は初の長編。

予告編はこちら

アデュー、ゴダール
Adieu GODARD

インド=フランス 2021年|83分| 監督:アマルティア・バッタチャリヤ

エロDVD視聴が唯一無二の生きがいの老人がいつものように村のビデオ屋でエロDVDを借りるが、その日は間違ってジャン・リュック・ゴダールの『勝手にしやがれ』のDVDが入っていた。初めて見るゴダール作品に意味もわからず名状しがたい衝動を感じた老人は村でゴダール映画祭の開催を無謀にも決意するのだったが・・・。悲喜劇を交えた人間模様が抱腹絶倒のインド作品。

9/9(土) 13:30

Amartya Bhattacharyya

アマルティア・バッタチャリヤ 
Amartya Bhattacharyya
1987年、インドのコルカタ出身。
インド工科大学を卒業後、多国籍IT企業で働きながら映画を撮っている。

予告編はこちら

蝉時雨
Song of the Cicada

アメリカ 2022年|74分| 監督:アーロン・ワイス ロバート・ワイス

テキサス州ガルベストンの海岸沿いの町で「死」に惹かれ奇妙な生活を送る葬儀屋デール・カーターの仕事とライフスタイルを10年かけて追ったドキュメンタリー。南部ゴシックを体現するような葬儀屋カーターの厳粛な遺体修復術の仕事や、彼が語る独特の哲学は観客も魅了するだろう。アーロン・ワイス監督、ロバート・ワイス監督はいとこ同士の監督。

9/8(金) 12:30

アーロン・ワイス ロバート・ワイス 
Aaron Weiss, Robert Weiss
アーロン・ワイスは、はニューヨーク市のニュースクール大学を卒業し、メディア研究の学士号を取得している。現在はドキュメンタリー制作会社を経営し、数々の映像作品を制作している。
ロバート・ワイスはテキサス州ガルベストンで生まれ、ブッカーT.ワシントン舞台芸術高校卒業後、メリーランド研究所に通うためにボルチモアに移住。

ザ・ボーイズ
THE BOYZ

カザフスタン 2022年|89分| 監督:アブデル・フィフティバエフ

ボクシング、音楽、勉学とそれぞれの夢を追いかける十代の若者たち。彼らは居場所が見つからず犯罪の世界に足を踏み入れるが、刺激的で楽しい瞬間も束の間、トラブルに巻き込まれてしまう。果たして彼らは犯罪の道を抜け出し、居場所を見つけ成功できるのか・・・?

9/10(日)10:00

Directed by Abdel Fiftybayev

アブデル・フィフティバエフ 
Abdel Fiftybayev
1985年にカザフスタンのアルマトイで生まれたアブデル・フィフティバエフは、高校卒業後、米国で5年間映画製作を学び、帰国後カザフアブライカーン国際関係世界言語大学に入学し、そこで文化学の学位を取得する。本作は二作品目の長編作品。

予告編はこちら

アーリマン:デス・ビフォア・ダイング
Ahriman: Death Before Dying

オランダ 2022年|94分| 監督:マニ・ニックプール

ギリシャの半神ペルセウス、ペルシャ帝国のキュロス大王、そして現代のアムステルダムでPTSDに苦しむ帰還兵として輪廻転生を繰り返し、破壊神アーリマンの影響から魂を守ろうとする主人公に救いはあるのか? ゾロアスター教の世界観をベースにイラン出身のマニ・ニックプール監督が壮大に描くSFファンタジー作品。

9/9(土) 18:10

マニ・ニックプール

マニ・ニックプール 
Mani Nickpour
マニ・ニックプールは 1983年にイランのテヘランで生まれ、その後オランダに移住する。
父親の映画監督サイード・ニックプールの長編映画に出演した。アムステルダムの映画学校で講師として映画製作の幅広い知識を伝え、映画製作、カメラ技術、編集、合成の専門知識を学生たちに教えている。

予告編はこちら

コール・オブ・ジ・アンシーン
Call of the Unseen

スウェーデン 2022年|100分| 監督:ヘンリック・ピレルド

自分の才能に自信が持てず人生に行き詰まった美大生は、「何か」に呼ばれて廃灯台のある島にたどり着く。そこには人間以外の奇妙な住民たちがいた。さらに謎の巨大遺跡も・・・。モンスターたちの造形物、巨大遺跡の合成など特撮にこだわったヘンリック・ピレルド監督は本作で長編デビュー。スウェーデン発の特撮ファンタジー作品。

9/8(金) 15:40

Directed by Henrik Pilerud

ヘンリック・ピレルド 
Henrik Pilerud
想像力豊かなものを愛するスウェーデンの監督。
本作は初の長編映画。

予告編はこちら

身体
KARADA

ベネズエラ 2022年|14分| 監督:オスカル・ロペラ

老いた教授に、日本から買ってきた刀を土産に渡す女学生。「これは偽物だよ」とやんわり教えてあげる教授だったが、その偽物の刀をきっかけに二人の関係が変化する。現在、ベネズエラの美術大学で学ぶオスカル・ロペラ監督による二作目の短編。

9/8(金)14:10

Directed by Oscar Lopera

オスカル・ロペラ 
Oscar Lopera
1997年にベネズエラのバルキシメトで生まれ、メリダを拠点とするオスカル・ロペラは、現在、ロスアンデス大学のエスクエラデメディオス視聴覚で写真家兼映画の学生です。大学の実習作品として本作を完成させる。

今昔鴉
The Old Young Crow

イラン=日本=アメリカ 2022年|12分| 監督:リアム・ロピント

東京に住むイラン人の少年がある老婆と仲良くなる。その老婆の家に行っても誰もおらず、カラスに導かれて墓場に行くのだったが・・・。流麗なアニメーションと絵本を実写と混じえて描く。日本へも留学経験のあるリアム・ロピント監督は現在ニューヨークを拠点に活動中。カナザワ映画祭2023「Choice of Kanazawa」短編部門グランプリ受賞作品。

9/8(金) 14:10

Directed by Liam LoPinto

リアム・ロピント Liam LoPinto ニューヨーク市を拠点とする映画製作者兼アニメーター。
ニューヨーク大学ティッシュ芸術学校のUGFTVプログラムを卒業し、早稲田大学への留学経験もある。

リプライズ
Reprise

ドイツ 2021年|22分| 監督:ケンジ・ウエレット

精神病院、映画撮影現場、それぞれの現実を飛び越し、ループしながら何が幻想か、何が現実かを探るジャンルを横断する実験的作品。カナダ出身で現在はベルリンを拠点に活動するケンジ・ウエレット監督はピアニストでもある。

9/8(金) 14:10

Directed by Kenji Ouellet

ケンジ・ウエレット 
Kenji Ouellet
ケベック州で生まれ、ベルリンを拠点に活動するケンジ・ウエレット監督は、ピアニストとしても活動中。
デジタルアート(ウィーン応用芸術大学)と実験メディアデザイン(ベルリン芸術大学映画)を卒業。