カナザワ映画祭2017「期待の新人監督」上映作品募集

カナザワ映画祭の11回目となる今年は、 例年よりも「期待の新人監督」上映枠を広げ、作品を数多く上映したいと思います。

2011年から始まった「期待の新人監督」では、 『へんげ』(大畑創監督 2011年選考)、『先生を流産させる会』(内藤瑛亮監督 2011年選考)、 『BAD FILM』(園子温監督 2012年選考 ※この年は該当作品がなかったため、「鬼才が期待の新人だった時代」と題した枠で上映しました)、 『ハッピーアイランド』(清川隆監督 2013年選考)を選定し上映しました。 2014年は、審査員による期待の新人監督賞に『NIGHT SAFARI』(小林勇貴監督)、観客が選ぶ観客賞に『SLUM-POLIS』(二宮健監督)が選ばれました。2015年は該当作なしでしたが、2016年は期待の新人監督賞に『さいなら、BAD SAMURAI』(大野大輔監督)、観客賞に『花に嵐』(岩切一空監督)が選ばれました。カナザワ映画祭の新たな一歩となる11年目の今年を盛り上げてくれる作品をお待ちしております。

応募条件

・作品上映形式は BD・DVD
・上映時間は自由
・既存の音楽・映像・肖像・原作などの著作権を侵害しない作品
・応募締め切り:2017年3月31日まで ※当日消印有効
・エントリー料5,000円(2017年3月31日までにお振込ください。複数作品の応募可能ですが、1作品ごとにエントリー料がかかります)

選考

・映画祭スタッフ及び関係者で審査し、上映作品を選びます。
・選考された方には4月末頃までにご連絡します。また選考されなかった作品にも全て講評をお送りします。
・上映作品の監督はカナザワ映画祭2017「期待の新人監督」の開催日にご招待します(旅費滞在費は映画祭が負担)。

応募方法

応募は締め切りました。

問い合わせ

info@eiganokai.com